FC2ブログ

RD250 今までの整備 その4

前回に引き続き '79年式のRD250です。

まずはエンジンが動かなくては修理費だけが嵩んでしまい大変な事態になってしまうので、動くか確認です。

まずはチェック!

① クランクは回るか?
② 圧縮はあるか?
③ プラグから火花は出るか?
④ 空気の供給は問題ないか?
⑤ 燃料は供給されているか?
⑥ 燃料は気化されているか?

大まかにこのくらいをチェックします。


①から順番に実施していきましょう。



エンジン 002 s


①クランクはまわるか

いきなりキックを踏んづけてはいけませんな。  何しろ冬眠期間十数年の強敵です。

先にプラグをはずし、シリンダー内をプラグホールから観察。見えない時はマフラーをはずして排気ポートから観察します。

サビが出ていたら腰上分解、出ていなければプラグホールからWAKO’Sのラスペネなどで十分に潤滑します。CRC5-56はあまりオススメしません。理由はあるのですがネット上で探せると思いますので自分で探して見てください。

エンジン左側のクランクケースカバーをはずしながらオイルが染み込むのを待ちます。

オイルが染み込んだらローターを手で回します。

手で回らないようならばクランクシャフトのベアリングの破損が考えられますのでエンジンを分解します。

今回は回ったのでサクサクと次にいきます。


② 圧縮はあるか?

プラグを取り付けて軽くキックを踏み、圧縮を確認します。

この段階でコンプレッションテスターで測定できれば良いのですが持っていないので経験とカンでOKとしました。


③ プラグから火花は出るか

プラグをキャップに取付け、シリンダーヘッドにアースしてメインスイッチとキルスイッチを ON にします。

キックキック!

火花がバチバチと飛んだのでOK。点火系の電気周りはとりあえず生きてはいるようです。

※周りに可燃物が無いことを確認して十分に気をつけてください。同じ事をしてガソリンに引火したケースもありますので。


④ 空気の供給は問題ないか

エアクリーナーの点検と、インシュレーター等から二次空気を吸っていないか確認します。

エアクリーナーに問題があったので応急処置をして取付け。

とりあえずそのほかは目視では良さそうなので作業を進めます。


⑤ 燃料は供給されているか

燃料タンクのサビ取りをまだしていないため、今回は パス。


⑥ 燃料は霧化されているか

一番怖れていた部品キャブレター

十数年間の放置プレイは、キャブレターを腐らせるには充分でありオーバーホールは避けて通れませんでした。

オーバーホールをして元通り組立てて、ここまでは終了です。


このあと早速エンジンを始動したのは言うまでもありません。

ここで注意が少しだけ・・・
オイルポンプの点検をしていないので故障していたら大変です。、燃料は混合ガソリンを使用すること。

それとオイルタンクに入っている2stオイルは古くなり、不安があるので新しいオイルと入れ替える方が良いような気がします。私は入れ替えています。

閉め切ったガレージなどでエンジンをかけると、煙が充満してクラクラしてきますので十分な換気ができる場所でエンジンをかけましょう。

かなりグラグラしますよ。


今回はここまで

スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

お客様総数
入場中のお客様
現在の閲覧者数:
ダレんだー? かれんだー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
中のおやぢ

ponkotu40

Author:ponkotu40
最近はカラダもぽんこつに・・・
ぽんこつはバイクだけで十分(^^;)
お気楽おやぢの日常を不定期更新で綴っています

カテゴリ
新米
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

問答無用のリンク集
強制リンク実施中! コメントを下さった方は基本的にリンクさせて頂きますので御了承下さい。 リンクが迷惑な時は御一報下されば削除致します。
最新記事
ブロともさん

房総小僧のガレージライフ

みちのく単身ライダー

バイクに乗ったおやぢ

あかぎつねの Motor Diary

うまのーと
ブロともになってみます?

この人とブロともになる

検索してみるぅ (○'ω'○)?
RSSリンクの表示